仏の目を抜く(読み)ほとけのめをぬく

精選版 日本国語大辞典「仏の目を抜く」の解説

ほとけ【仏】 の 目(め・まなこ)を=抜(ぬ)く[=くじる]

利欲のために仏像をも抜きとる。利欲のために非道の行ないをすることのたとえ。をはがす。
※俳諧・犬子集(1633)一三「はかなしや玉をぬすまんはかりこと 仏(ホトケ)の目(メ)をもくじる末の世〈貞徳〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android