コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏頭 ブットウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐とう【仏頭】

仏または仏像のあたま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっとう【仏頭】

仏または仏像の頭部。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仏頭の言及

【奈良時代美術】より

… このほかこの時期のものとして,東京深大寺の釈迦如来倚像は,丸い顔,なだらかな起伏のある体軀に,リズミカルな衣文がゆるやかに波打つ,抒情性豊かな像であり,兵庫鶴林寺の銅造観世音菩薩立像はまろやかな顔に個性的な表情がうかがえ,腰のひねりや手の指先に軽快な動きの伝わる隋様の像である。興福寺に伝存する仏頭は旧山田寺の薬師三尊像の中尊で,天武朝後半期679‐686年の造立になる。切れ長の眉,直線的な下瞼と円曲する上瞼に区切られた眼に,遠くを見やる憧憬的な明るさが漂う反面,広い額に弾力のある顔,引きしまった唇に充実感のある迫力を感ずるところに隋から初唐への動きがうかがえる。…

※「仏頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仏頭の関連キーワード新潟県上越市三和区水吉バンレイシ(蕃茘枝)東南アジア美術中央アジア美術スリランカ美術アユタヤ遺跡済深入道親王シャカシメジ般若 侑弘ザル・テペ寺町廃寺跡奈良の大仏バンレイシ山田道安白鳳彫刻斎部文山白鳳美術橘寺境内臼杵石仏智積院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏頭の関連情報