(読み)ほとけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ほとけ

仏陀のこと。語源は,煩悩結び目をほどくという意味から名付けられた,あるいは仏教が伝来した欽明天皇のときに,ほとほりけ,すなわち熱病が流行したためにこの名があるともいわれる。日本では,死者を「ほとけ」と呼ぶ場合もある。


ほとけ

平家物語』巻一「祇王」に出てくる女性。仏御前ともいう。加賀国出身の白拍子の名手。祇王に代って平清盛の寵愛を受けるが,17歳で尼となり祇王らとともに修行する。謡曲『祇王』『仏原 (ほとけのはら) 』,御伽草子『祇王』にも登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふつ【仏】[漢字項目]

ぶつ

ぶつ【仏】

仏陀(ぶっだ)」の略。
仏教」の略。「儒、、道」

ぶつ【仏〔佛〕】[漢字項目]

[音]ブツ(呉) フツ(漢) [訓]ほとけ
学習漢字]5年
〈ブツ〉
梵語の音訳字。ブッダ。悟りを開いた聖者。また、釈迦(しゃか)のこと。「仏教仏像仏壇仏殿仏法活仏成仏(じょうぶつ)念仏
仏教。「仏式仏書廃仏儒仏神仏習合
仏像。「石仏大仏秘仏
〈フツ〉フランス。「仏文仏領仏和英仏渡仏
〈ほとけ(ぼとけ)〉「仏心仏様石仏喉仏(のどぼとけ)
[補説]原義は、仿仏(ほうふつ)(ほのかでよく見えないがそれらしい)の意。
[名のり]さとる
[難読]仏掌薯(つくねいも)仏蘭西(フランス)

ほと‐け【仏】

《「ぶつ(仏)」の音変化した「ほと」に、目に見える形の意の「け」の付いた語で、仏の形、仏像が原義かという》
仏語。悟りを得た者。仏陀(ぶっだ)。特に、釈迦(しゃか)のこと。「の慈悲にすがる」
仏像。また、仏の画像。「を刻む」
死者。また、その霊。「になる」「が浮かばれない」
温厚で慈悲心の深い人をたとえていう語。
仏法。
「―の御験(みしるし)はかやうにこそと」〈栄花・初花〉
仏事を営むこと。
「明後日(あさて)、―にいと善き日なり」〈栄花・本の雫〉
[下接語](ぼとけ)新(あら)仏生き仏石仏板仏懸け仏木仏外法(げほう)仏骨(こつ)仏小仏新(しん)仏杉仏摺(す)り仏立ち仏土仏流れ仏撫(な)で仏新(にい)仏濡(ぬ)れ仏寝仏喉(のど)仏野仏星仏・守り仏・無縁仏雪仏笑い仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

仏【ほとけ】

サンスクリットのブッダBuddhaの日本語訳。語源・語義は明確でない。一説にはブッダの中央アジアでの音訛(おんか)浮図(ふと)に,中国で思想系統を示す家の字を加え,浮図家としたものからくるともいい,また迷いを解(ほど)く意ともいう。俗に死者およびその霊も〈ほとけ〉という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつ【仏】

サンスクリットbuddhaの音訳〈仏陀〉の略語で,〈如来〉の語とともに仏陀を指す普遍的な用語である。したがって仏陀の教説が仏教であり,仏陀の像が仏像である。この意味では仏は仏教を指す場合もある。まずbuddha(〈仏陀〉)は目を覚ます,悟るという動詞budhの過去分詞で〈覚れる者〉〈覚者〉の意味である。そしてその覚の内容が菩提であり正覚と訳される。この仏が如(によ)(真理)から来たという意味で如来とよばれ,供養されるべき尊い者の意味では応供(おうぐ)ともよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふつ【仏】

「仏蘭西フランス」の略。 「英-協商」

ぶつ【仏】

真理を悟った者。すべての煩悩を打ち消し、完全な真理を実現している者。覚者。仏陀。
特に釈迦のこと。
仏教の略。

ほとけ【仏】

〔「ほと」は「仏」の転、「け」は「気」の意か〕
仏教の完全な悟りを開いた聖者。仏陀ぶつだ。覚者。
特に、釈迦しやかのこと。
仏・菩薩およびそれに準ずる優れた聖者・高僧。
仏像や、仏の名号を記したもの。
仏教。仏事。仏教徒。
死者。死体。死者の霊。
素直で善良な人物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふつ【仏】

〘名〙 「フランス」のあて字仏蘭西」の略。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

ぶつ【仏】

〘名〙
① 「ぶっだ(仏陀)」の略。
往生要集(984‐985)大文二「信心清浄者。華開則見仏」
② 仏教。仏法。仏道。
黄表紙・心学早染艸(1790)上「当時は儒・ぶつ・神のたうとき道しきりにおこなはれて」

ほと‐け【仏】

〘名〙 (「ほと」はBuddha、さらに、それの漢訳「仏」の音の変化したもの、「け」は「気(け)」か。「け」については、霊妙なものの意とするほか、目に見える形の意で、仏の形すなわち仏像の意が原義とする説もある)
① 仏語。仏陀のこと。釈迦仏・阿彌陀仏・薬師仏などすべてにいう。
※書紀(720)敏達一四年二月(前田本訓)「所祭(いはひまつ)りし仏(ホトケ)の神之心(みこころ)に祟れり」
② ①の像。仏像。また、仏の画像など。
※万葉(8C後)一六・三八四一「仏(ほとけ)造る真朱足らずは水たまる池田の朝臣が鼻の上を掘れ」
③ 仏法。または、それを奉ずる仏教徒。
※栄花(1028‐92頃)初花「ほとけの御験はかやうにこそと」
④ 死者の霊。また、死んだ人。死人。
※雑俳・柳多留‐六四(1813)「仏より後家には施主がたんと付き」
⑤ 仏事を営むこと。
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「あさて、仏にいと善き日なり」
⑥ 僧侶を尊敬していう。→吾仏(あがほとけ)②。
※源平盛衰記(14C前)三四「さては仏(ホトケ)や、仏は何の料に、軍の城にはこもり給ひけるぞ」
慈悲心の深い人。清純で無邪気な人。また、慈悲心。転じて、気のよい人。お人よし。
※浮世草子・世間胸算用(1692)三「是の内儀様は仏(ホトケ)々」
⑧ (多く「吾(あ)が仏」の形で) 自分が大切に思うもの。愛しているもの。→吾仏(あがほとけ)②。
※竹取(9C末‐10C初)「我子の仏、変化の人と申ながら、ここらおほきさまでやしなひ奉る心ざしをろかならず」
⑨ ひとみ。瞳孔。めぼとけ。
※俳諧・鷹筑波(1638)四「目のうちにある仏ちいさし 花籠にいくるつぼみはふげんさう〈正明〉」
[補注]語源についてはかならずしも明確でない。梵語 Buddha は中国では「浮屠」「浮図」などと音写され、後には「仏陀」と書かれることが多く、これらとの関連が考えられる。空海「性霊集」には、「仏陀」「仏駄」「没駄」「没度」などの表記が見られ、日本でも後には Buddha の音訳としては「仏陀」が一般化し、優れた修行者、特に仏教の開祖釈迦を指す語としてはこちらが用いられるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【三宝】より

…仏,法,僧の三つをいう。仏とは悟りを開いた人,また法とは仏の説いた教え,僧とは仏の教えに従って悟りを目ざして修行する出家者の集団(サンスクリットで〈サンガ〉。…

【仏教美術】より

…仏教はインドの釈迦によって紀元前5世紀に開かれ,一は南海をへて東南アジアに伝わり,他は中央アジアから中国,朝鮮をへて日本に達する。長い歳月をかけてアジアの広大な地域に伝播しただけに,そこに展開する仏教美術は多彩をきわめ,その変化の諸相に幻惑されるほどである。…

【仏陀】より

…〈悟った者〉を意味するサンスクリットのブッダbuddhaの音訳。浮図(ふと),浮屠(ふと)と音訳されたこともあり,仏(ぶつ)とも略称される。意訳は覚者。…

【十界】より

…仏教の世界観の一つ。精神的な生き方を,迷いより悟りへの10層に分け,最下の地獄より餓鬼,畜生,修羅,人間,天上,声聞,縁覚,菩薩,仏へと上昇するもの。…

【宗教】より

…現代から時代を約2500年さかのぼらせてみよう。われわれは,インドのガンガー(ガンジス川)の流域で仏陀が涅槃(ねはん)を説き,中国では老子が道を,孔子が仁を説いていたことを知らされるであろう。そしてそれから約500年ののち,地中海縁辺のイスラエルにイエスが出現して神の愛を説き,キリスト教の礎を築いた。…

【仏】より

…サンスクリットbuddhaの音訳〈仏陀〉の略語で,〈如来〉の語とともに仏陀を指す普遍的な用語である。したがって仏陀の教説が仏教であり,仏陀の像が仏像である。…

【仏教美術】より

…仏教はインドの釈迦によって紀元前5世紀に開かれ,一は南海をへて東南アジアに伝わり,他は中央アジアから中国,朝鮮をへて日本に達する。長い歳月をかけてアジアの広大な地域に伝播しただけに,そこに展開する仏教美術は多彩をきわめ,その変化の諸相に幻惑されるほどである。…

※「仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏の関連情報