コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台弥五七 せんだい やごしち

1件 の用語解説(仙台弥五七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙台弥五七 せんだい-やごしち

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)(1684-1704)のころ京都で道外方(どうけがた)をつとめる。舞踊,俗曲にすぐれ,大名行列の槍(やり)振りを舞踊化した槍踊りに工夫をくわえた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

仙台弥五七の関連キーワード歌舞伎役者鎌倉新蔵小桜千之助(初代)杉伝十郎玉井権八玉川歌仙段助中村勘之丞藤田皆之丞光瀬左近

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone