コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名行列 だいみょうぎょうれつ

6件 の用語解説(大名行列の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大名行列
だいみょうぎょうれつ

江戸時代,大名参勤交代江戸城への登城などで,公式外出する際の行列。行列の人数などは『武家諸法度』に規定があるが,実際には各藩ともそれを上回る人数や装飾を施した。参勤交代には藩主の生活必需品一切を運び,道中の道筋は幕府が決めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいみょう‐ぎょうれつ〔ダイミヤウギヤウレツ〕【大名行列】

江戸時代、大名参勤交代などの公式の外出に際し、格式に応じた規定の人数・装備などをととのえて行った行列。
議員・大学病院の教授などが、供を大ぜい引き連れて歩くことを皮肉った語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大名行列【だいみょうぎょうれつ】

江戸時代に大名が公式に外出するときの行列。代表的なものは参勤交代の行列で,1615年武家諸法度(はっと)で騎数を制限し,その後もたびたび従者の人数が制限された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいみょうぎょうれつ【大名行列】

江戸時代,大名が公式に外出するときの行列。臨戦的な行軍形式で始まったが,のちには実用性が薄れて形式的になり,その様相も質実剛健から華美へと変化していった。行列は一定の形式で隊列を整えるが,それぞれの家格によって装備や供(とも)人数が定められている。行装の詳細は《甲子夜話(かつしやわ)》や《武家擥要(ぶけらんよう)》にみえる。参勤交代による通行はその代表的なもので,大藩である加賀藩の供人数は多いときで2500人余を数えたが,多くの大名は通常150~300人前後の規模である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいみょうぎょうれつ【大名行列】

江戸時代、大名が参勤交代で江戸と国元とを往復する際の、規定の儀式・警備をもって行う行列。規模は時代や家格・石高などにより異なるが、出陣の隊形をとり、髭奴を筆頭に金紋先箱・槍持ち・徒士など前駆が続き、大名の駕籠を馬回り・近習などが固め、草履取り・傘持ち・茶坊主・騎馬などが続いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大名行列
だいみょうぎょうれつ

参勤交代によって大名が江戸と国元を往復する際の行列。[藤野 保]

参勤交代の起源

参勤交代は、諸大名が徳川氏に対する臣従の証拠として、江戸城に人質を提出したことに始まる。徳川氏の覇権確立後、諸大名の証人提出が多くなり、また江戸に大名屋敷を設けるものが多くなったが、なお諸大名の自発的意志によるもので、制度として実施されたわけではない。1615年(元和1)制定の「武家諸法度(ぶけしょはっと)」も、参勤作法に関し、従者の員数を定めるにとどまった。しかるに、3代将軍徳川家光(いえみつ)は、34年(寛永11)譜代大名の妻子を江戸に移し、ついで翌35年には「武家諸法度」を改訂し、参勤交代を制度化した。ここに参勤交代は諸大名の役儀・奉公として義務づけられ、毎年4月が交代期と定められた。こうして、諸大名は在府・在国1年交代となり、大名行列が一般化し、江戸時代の重要な行事の一つとなった。[藤野 保]

行列の規模と特権

大名行列の規模は、元和(げんな)法度で100万石以下20万石以上の大名は20騎以下、10万石以下の大名は分に応ずるよう定められたが、実際にははるかに大規模であった。幕府も寛永(かんえい)法度においてこの実状を認め、従者の員数は分相応とし、極力少なくする方針をとったが、諸大名は互いに競い合い、威勢を張り、見栄(みえ)を飾る傾向が強かった。たとえば、加賀前田氏の4000人を筆頭に、多い場合は2000~3000人、少なくとも100人を下らなかった。行列の順序は、大名によって異なるが、髭奴(ひげやっこ)に次いで金紋先箱(きんもんさきばこ)、槍持(やりもち)、徒歩(かち)などの先駆がこれに続き、大名の駕籠廻(かごまわ)りは馬廻、近習(きんじゅ)、刀番、六尺などで固め、そのあとを草履取(ぞうりとり)、傘持(かさもち)、茶坊主、茶弁当、牽馬(ひきうま)、騎士、槍持、合羽(かっぱ)駕籠などの後従が続いた。行列の通行には大きい特権が与えられ、行列の先払いが通行人に土下座(どげざ)を命じ、河川の渡し場では一般の旅人を川留(かわどめ)にした。供先を横切るなど無礼な行為があった場合は切捨御免の特権があった。大名行列の道筋は幕府によって定められたが、東海道を利用する大名がもっとも多く、全体の6割を占めた。東国筋(すじ)の大名は主として陸路をとったが、西国筋の大名のうち四国、九州の大名は、瀬戸内海を船で横断し、大坂より陸路をとる大名が多かった。大名行列が華美になると、遠国の大名ほど経済的負担が大きくなり、大名財政の窮乏をきたす主因となった。[藤野 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大名行列の関連キーワード大名飛脚聞番行列三重先箱参府下に下に出掛け姿藩邸余所行きミュラー行列

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大名行列の関連情報