工夫(読み)こうふ

精選版 日本国語大辞典「工夫」の解説

こう‐ふ【工夫】

〘名〙
① 昔、家屋の建造や治水、土木などの労役にあたった人夫。
※続日本紀‐延暦三年(784)六月壬子「并造宮工夫用度物、仰下諸国、令於長岡宮
② 鉄道や電気、ガス、水道、土木などの工事に従事する労働者。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三四「書生は書を懐にし、工夫は器を担ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「工夫」の解説

こう‐ふ【工夫】

土木などの工事に従事する労働者

く‐ふう【工夫】

[名](スル)
よい方法や手段をみつけようとして、考えをめぐらすこと。また、その方法や手段。「新しい方法を工夫する」
仏道修行などに専念すること。特に禅宗で、座禅に専心すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「工夫」の解説

くふう【工夫 gōng fu】

中国の宋明学(朱子学・陽明学)で多用された用語。〈功夫〉と書くこともある。当時の俗語(話し言葉)で,〈時間と労力を使う〉〈手間ひまかける〉のであるが,宋明学では,完全な人格に至るための実践,修行,勉強,努力などをすべてこの語で表現する。たとえば朱熹は,臨終に際して〈堅苦の工夫をせよ〉と枕元に集まった弟子たちにさとした。なお,禅語で座禅専念の意に使われるほか,現代朝鮮語では〈勉強〉を意味し(コンブ発音),ごく日常的に使われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android