コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道外方 どうけがた

3件 の用語解説(道外方の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

道外方【どうけがた】

三枚目(さんまいめ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうけがた【道外方】

歌舞伎の役柄の一つ。道化(どうけ)の役柄およびその役柄を専門に演じる俳優をいう。〈三枚目〉は後世の通称。日本の芸能の伝統的な展開の一方法である〈もどき〉によって,初期の歌舞伎では道外方が重要な役目を果たしていた。西欧のフールと同じ道化,阿呆,泣男(なきおとこ),拍子事(ひようしごと)が道外方の芸の重要な要素であったが,後世戯曲の構成が複雑になるにつれ,脇役的存在になった。また《忠臣蔵》の伴内などのように,敵役の要素が加わり,半道外方の略で〈半道(はんどう)〉や〈半道敵〉〈チャリ敵〉という役柄に移行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道外方
どうけがた

歌舞伎(かぶき)の役柄の一つ。数多い役柄のうちで、きわめて古く成立したものに属する。西欧の道化師のように、滑稽(こっけい)な台詞(せりふ)や物真似(ものまね)を巧みに演じて人を笑わせる役。初期歌舞伎における「猿若」の系統を引いて、野郎(やろう)歌舞伎時代に役柄としての確立をみる。元禄(げんろく)歌舞伎においては、劇構成のなかに重要な一場面を任されて、滑稽な演技を見せる場があり、司会役も兼ねる重要な役柄と認識されていた。江戸中期以降、しだいに立役(たちやく)や端役(はやく)の芸のなかに道化的な要素が吸収されていき、役柄としては衰退に向かった。天明(てんめい)・寛政(かんせい)期(1781~1801)の初世大谷徳次が道外方の名人とうたわれたのを最後に、ほとんどなくなってしまった。それ以後は、「半道(はんどう)」または「半道敵(はんどうがたき)」「チャリ敵(がたき)」などにその名残(なごり)がある。道外方を「三枚目」というのは、看板や番付に、最初に一座の花形役者、二枚目に若衆方(わかしゅがた)、三枚目に道外方を並べる習慣があったことに基づくというが、かならずしも明らかでない。和事(わごと)師を二枚目とよんだのに引かれて生まれたことばではないかと思う。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道外方の関連キーワード立役道化方悪婆色悪伯父敵端敵半道敵平敵武道方突っ転ばし

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone