コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄 ゲンロク

大辞林 第三版の解説

げんろく【元禄】

年号(1688.9.30~1704.3.13)。貞享の後、宝永の前。東山天皇の代。
を比喩的に使って〕 文化・経済などが栄える天下太平の世。 「昭和-」
「元禄袖」の略。
「元禄模様」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんろく【元禄】

日本の元号(年号)。江戸時代の1688年から1704年まで、東山(ひがしやま)天皇の代の元号。前元号は貞享(じょうきょう)。次元号は宝永(ほうえい)。1688年(貞享5)9月30日改元。東山天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『宋史志(そうしし)』『文選(もんぜん)』を出典とする命名。元禄年間の江戸幕府の将軍は徳川綱吉(つなよし)(5代)。同年間の上方を中心に爛熟した文化が隆盛し、元禄文化と呼ばれている。1688年(元禄1)に井原西鶴(さいかく)が『日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)』を著し、翌年には松尾芭蕉(ばしょう)が「奥の細道」の旅に出発した。また、1688年(元禄1)に柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が綱吉の側用人(そばようにん)に就任している。1701年(元禄14)、赤穂藩藩主の浅野長矩(ながのり)(内匠頭(たくみのかみ))が、江戸城内の松の廊下で吉良義央(きらよしなか)(上野介(こうずけのすけ))に刃傷(にんじょう)に及び、切腹する事件が発生した。これが原因で、翌年12月には吉良邸への赤穂浪士の討ち入り(赤穂事件)が起こった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

元禄の関連キーワード尾上多賀之丞(1世)藤田小平次(初代)水木辰之助(初代)神道名目類聚抄性応入道親王国包(4代)金子吉左衛門亀山の仇討ち大田原純清大乗院信雅参考太平記今出川公規元禄花見踊日本永代蔵水無瀬氏信坂田藤十郎傾城浅間嶽伊達宗保慶長金銀徳川綱誠

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元禄の関連情報