企業市民(読み)きぎょうしみん

百科事典マイペディア「企業市民」の解説

企業市民【きぎょうしみん】

企業は利潤追求の前に,良き市民でなければならないという考え方。企業の社会的責任として,地域活動やボランティア活動,寄付,環境保護などをすべきという機運が高まってきた。経営利益の1%を寄付する経済団体連合会設立の〈1%クラブ〉などが代表的。→メセナ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android