コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達襟 ダテエリ

デジタル大辞泉の解説

だて‐えり【伊達襟】

和服で、長着を2枚重ねに見せるために、の下に付ける別襟のこと。付け比翼をさらに略式化したもの。用途により白羽二重や、色・柄物を選び、おしゃれを兼ねる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だてえり【伊達襟】

和服で、長着の襟の裏にとめつけて、二枚重ねに見せる襟。略式礼装などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の伊達襟の言及

【襟∥衿】より

…古くは輪(りん),江戸時代には削襟(そぎえり)とも呼ばれた今日の半襟,長着の共襟である。伊達襟(だてえり)は当初,長着にかけた別布の派手な掛襟をさしたが,江戸中期ごろ,それまでふだん着用であった共襟が晴着にもかけられるようになり,明治時代以降失われた黒繻子の掛襟も伊達襟のなごりである。現代の伊達襟は振袖や付下げ,小紋などの長着と長じゅばんの間にはさんで見せる飾襟をいう。…

【襲∥重】より

…わずかに残っている留袖の白の付比翼は,襲下着の略式化されたものである。振袖などにつける伊達襟は,これをいっそう簡略化したもの。【山下 悦子】。…

※「伊達襟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伊達襟の関連キーワード二枚重ね和服

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊達襟の関連情報