コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊闕 いけつ

世界大百科事典内の伊闕の言及

【河南[省]】より

…洛陽は人口127万(1994),機械製造工業が盛んで,とくにトラクターやベアリングの工場は規模の大きさを誇っている。洛陽は西に函谷関,東に虎牢関をひかえ,北には邙山(ぼうざん),南には伊河が洛河に注ぐ伊闕(いけつ)にのぞんだ要害の地である。伊闕は竜門ともよばれ,両岸の岩壁には北魏から唐代までの間に開かれた石窟がつらなり,仏教芸術の宝庫として知られている。…

【竜門石窟】より

…中国,河南省洛陽の南14kmにある仏教石窟。伊水が北流し二つの山が岸をはさんで対峙し,形状が門闕(もんけつ)のようになっているので,伊闕または竜門と呼ばれた。石窟群は両岸の崖壁にあって,石窟1352,龕(がん)785を今かぞえる。…

※「伊闕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone