伏屋焚・伏屋焼(読み)ふせやたき

精選版 日本国語大辞典「伏屋焚・伏屋焼」の解説

ふせや‐たき【伏屋焚・伏屋焼】

伏屋の中で火をたくと(すす)が多く出るところから、「煤(すす)」と同音を含む「すすしきほふ」にかかる。
万葉(8C後)九・一八〇九「智弩壮士(ちぬをとこ) 菟原(うなひ)壮士の 廬八燎(ふせやたき) すすし競ひ 相結婚(よばひ) しける時には」
[補注]用例は「ふせやたく」と訓む説もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android