同音(読み)ドウオン

デジタル大辞泉の解説

どう‐おん【同音】

同じ発音。同じ読み。
同じ高さの音、声。
声をそろえて言うこと。同時に言うこと。「異口(いく)同音
「私たちは我知らず、あっと―に叫びました」〈芥川地獄変
能で、地謡方(じうたいかた)が斉唱すること。また、その部分。地謡。同吟(どうぎん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうおん【同音】

同じ高さの音・音声。
音声・発音が同じであること。
一斉に言うこと。口をそろえて言うこと。 「異口-」 「思はず一所に-に云つた/婦系図 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐いん【同音】

〘名〙 (「いん」は「音」の漢音) =どうおん(同音)

どう‐おん【同音】

〘名〙
① 同じ発音の音声。同一の発音。
※歌経標式(772)「頭尾者、第一句尾字与二句尾字同音
※史記抄(1477)四「斉世家には作甄、々は平声、真先の二韵で用るぞ。此では鄄と同音であるほどに去声であらうぞ」
② 字を読む際の同じ音訓。同一の字音。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「日本文の弊害は同音の字多きと」
③ 楽器などの同じ調子の音。また、同じ高さの音を同時に鳴らすこと。ユニゾン。
※源平盛衰記(14C前)一「都へ出して三百人拍子を打て同音(ドウオン)に歌けり」 〔詩経‐小雅・鼓鐘〕
④ 二人以上の人が、同時に同一の音声を発すること。声をそろえていうこと。
※本朝文粋(1060頃)一四・寂心上人四十九日修諷誦文「思古見今。同音随喜」
※太平記(14C後)七「同音(ヲン)にどっと笑ければ」
⑤ 能楽の地謡方の合唱。略して同と書き、その一曲の最初にあるのを初同、二番目を二の同、三番目を三の同という。同吟。〔申楽談儀(1430)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の同音の言及

【地謡】より

…1曲中で最初の地謡部分を〈初同〉という。古くは〈地〉と〈同〉とは別で,〈地〉の部分は地謡が謡い,〈同音〉の部分はシテやワキも含めて全員が合唱することを意味したが,ワキ方の独立など各役の分担制が確立するのに伴い地謡だけが謡うようになったらしい。【松本 雍】。…

※「同音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同音の関連情報