低速シャッター(読み)テイソクシャッター

デジタル大辞泉の解説

ていそく‐シャッター【低速シャッター】

カメラのシャッタースピードが特に低速なこと。一般に、30分の1秒より遅いシャッタースピードを指す。ぶれのある写真になりがちだが、流し撮りのように、あえて被写体の動感を表現するために使用することがある。スローシャッター。→高速シャッター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

低速シャッター

 一般に1/30秒より遅いシャッター速度を言うことが多い。カメラブレや被写体ブレの危険性が大きいが、動きのある被写体にあえて使用して、被写体をブラすことで動感を表現したりもする。 → 高速シャッター

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android