コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐中 さちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐中 さちゅう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
2代都太夫一中(いっちゅう)の門人宝暦-明和(1751-72)のころ江戸中村座などに出演した。都音羽太夫佐中ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐中の関連キーワード小京都連続殺人事件八幡宇佐宮御託宣集バスケットボール土佐高等学校川崎 幾三郎長宗我部元親師岡 千代子宇田 友四郎中浜万次郎石川 武美中山 駸馬山崎儀兵衛川崎幾三郎宇田友四郎四ツ足峠土佐街道河合誓徳人工透析泉家胤和佐荘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐中の関連情報