明和(読み)メイワ

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。江戸時代の1764年から1772年まで、後桜町(ごさくらまち)天皇、後桃園(ごももぞの)天皇の代の元号。前元号は宝暦(ほうれき)。次元号は安永(あんえい)。1764年(宝暦14)6月2日改元。後桜町天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。明和年間の江戸幕府の将軍は徳川家治(いえはる)(10代)。後桜町天皇は、1762年(宝暦12)に異母弟の桃園天皇が崩御した際、皇子の英仁(ひでひと)親王(後の後桃園天皇)が幼少だったため、成長するまでの中継ぎとして皇位を継ぐことになった。現行制度では女性皇族の即位を認めていないので、後桜町天皇が史上最後の女性天皇になる。後桜町は、1770年(明和7)に後桃園天皇に譲位した。1772年(明和9)2月29日、目黒行人(ぎょうにん)坂から出火、江戸の主要部分を焼き尽くす大火が発生した。明和の大火と呼ばれ、明暦の大火、文化の大火とともに江戸三大大火のひとつに数えられている。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸時代、後桜町・後桃園両天皇の代の年号。宝暦一四年(一七六四)六月二日に改元、明和九年(一七七二)一一月一六日に至って次の安永となる。出典は「書経‐堯典」の「百姓昭明、協和万邦」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明和の関連情報