佐藤 暢(読み)サトウ チョウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
栃木県知事

生年月日
嘉永3年12月(1850年)

出生地
薩摩国(鹿児島県)

経歴
東京府に勤め、明治7年台湾の役に従軍。その後、大阪府収税長、群馬県書記官、内閣書記官などを歴任。27年年栃木県知事に。足尾鉱毒の予防工事を訴え、奉呈書を書く。明治30年職を解かれた。のち実業界に入り、博多湾鉄道会社社長などを務めた。

没年月日
明治43年9月7日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤 暢の関連情報