従軍(読み)じゅうぐん

精選版 日本国語大辞典「従軍」の解説

じゅう‐ぐん【従軍】

〘名〙
① 軍人・軍属など軍に所属する人が戦場に行くこと。また、その人々。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月一七日「軍及三百余騎也」 〔史記‐東越伝〕
② 兵士でない者が、報道などのために軍隊について戦地に行くこと。
※風俗画報‐八一号(1894)「従軍の新聞記者嶮を冒して戦況を報ずる図」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「従軍」の解説

【従軍】じゆうぐん

出征する。〔楽府詩集、相和歌辞平調曲四、従軍行〕廣題に曰く、左年の辭に云ふ。しい哉(かな)邊地の人 一に三たび軍に從ふ 三子は燉煌(とんくわう)に到り 二子西(ろうせい)に詣(いた)る 五子ひ去り 五は皆懷身す(孕む)

字通「従」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android