歴任(読み)れきにん

精選版 日本国語大辞典「歴任」の解説

れき‐にん【歴任】

〘名〙 順次に種々の官職に任命されて勤めてきたこと。
※続日本紀‐天平宝字四年(760)正月癸任内外、至中納言
※時間(1969)〈黒井千次〉一「自治委員や執行委員を歴任した割には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「歴任」の解説

れき‐にん【歴任】

[名](スル)次々に各種の官職に任命されて勤めてきたこと。「重要ポストを歴任する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「歴任」の解説

【歴任】れきにん

前後つづいて官職に任じる。〔老学庵筆記、三〕丞相覺民、參知事を拜するの時、任すること未だ嘗(かつ)て一考(成績考試の期間、三年)に滿たず。

字通「歴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android