佐藤業連(読み)さとう なりつら

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤業連

生年:生没年不詳
鎌倉中・後期の幕府評定衆。佐藤民部次郎ともいう。父は業時。弘長1(1261)年引付会議の奉行人となり,文永2(1265)年に評定会議の執筆役として加わる。建治2(1276)年引付衆を経ずして,評定衆に就任した。当時は中務丞。また執権北条時宗が主宰した寄合に御内人平頼綱らと共にたびたび加わっており,時宗の信頼が厚い人物であった。弘安3(1280)年民部少丞,さらに同年中に民部大丞に任ぜられている。同6年叙爵し,加賀権守となる。この間北条得宗家の右筆役も勤めている。また同7年には奉行として高野山僧衆の訴訟を担当した。<参考文献>『建治三年記』(『群書類従』23輯武家)

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android