弘長(読み)コウチョウ

大辞林 第三版の解説

こうちょう【弘長】

年号(1261.2.20~1264.2.28)。文応の後、文永の前、亀山天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうちょう【弘長】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1261年から1264年まで、亀山(かめやま)天皇の代の元号。前元号は文応(ぶんおう)。次元号は文永(ぶんえい)。1261年(文応2)2月20日改元。1261年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから行われた(革年改元)。『貞観政要(じょうがんせいよう)』を出典とする命名。弘長年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)、執権は北条長時(ながとき)(6代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうちょう コウチャウ【弘長】

鎌倉時代、亀山天皇の代の年号。文応二年(一二六一)二月二〇日、辛酉革命により改元。弘長四年(一二六四)二月、文永と改めた。将軍宗尊親王、執権北条長時の時代。出典は「貞観政要‐封建」に「闡治定之規、以弘長世之業者、万古不易」とあるのによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘長の関連情報