コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保津村清蔵 ほづむら せいぞう

2件 の用語解説(保津村清蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保津村清蔵 ほづむら-せいぞう

?-? 江戸時代中期の農民。
丹波桑田郡南保津村(京都府亀岡市)の人。天明元年(1781)女子奉公人の給米引き上げ・待遇改善要求に協力し,翌年保津川筏(いかだ)流しの差子の運賃引き上げ要求の交渉代表をつとめた。7年には口丹波の酒屋をおそった百姓一揆(いっき)にくわわり,入獄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

保津村清蔵

生年:生没年不詳
天明1(1781)年から7年にかけて丹波国で起きた村方騒動と百姓一揆の首謀者のひとり。南桑田郡(京都府亀岡市)南保津村の小百姓。天明1年,賃上げと待遇改善を求める女子奉公人に集会の場を提供し,翌2年2月には五苗と呼ばれる特権的な地侍集団との間の争論の総代を務め,8月には保津川の筏流しにたずさわる差子の代表のひとりとして,新問屋の設置と運賃値上げを求める交渉の先頭に立った。さらに7年11月,酒造制限令の遵守を求めて口丹波一帯の酒屋を襲った一揆にも加わり,入牢の処分を受けた。<参考文献>井ケ田良治『近世村落の身分構造』

(藪田貫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保津村清蔵の関連キーワード掛けて丹波口丹波越え目に掛ける押掛けかけかけ・し刀に懸けてもフォーコーツ勝川春泉双木千竹

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone