コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭王興 わおう こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭王興 わおう-こう

?-? 5世紀中ごろ,倭の五王のひとり。
倭王済(せい)の子。「(そう)書」倭国伝によると,父済の死後世子として,宋の大明6年(462)中国南朝の宋に遣使して安東将軍・倭国王に任命されている。安康天皇に比定する説がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倭王興

生年:生没年不詳
倭の五王のひとり。中国の歴史書宋書』倭国伝によれば,元嘉28(451)年,倭国王済の死後,世子として宋に朝貢し,大明6(462)年には安東将軍,倭国王の爵号を賜与されている。『梁書』諸夷伝には単に済の子とみえる。『日本書紀』にみえる安康天皇に擬せられている。

(関和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

倭王興の関連キーワード倭王武倭王済生年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android