コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭王済 わおう せい

2件 の用語解説(倭王済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭王済 わおう-せい

?-? 5世紀中ごろ,倭の五王のひとり。
「宋(そう)書」倭国伝によると,宋の元嘉20年(443)中国南朝の宋に奉献,安東将軍・倭国王に任命され,28年(451)ふたたび遣使して使持節(しじせつ),都督(ととく)倭・新羅(しらぎ)任那(みまな)・加羅(から)・秦韓(しんかん)・慕韓(ぼかん)六国諸軍事,安東将軍に任命された。允恭(いんぎょう)天皇に比定する説がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

倭王済

生年:生没年不詳
倭の五王のひとり。中国の歴史書『梁書』諸夷伝は弥の子とするが,『宋書』倭国伝では不明。『宋書』によれば元嘉20(443)年,宋に朝貢し,安東将軍,倭国王に,同28年には使持節,都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国の諸軍事,安東将軍に叙せられたとみえる。子に倭王興・武がいる。『日本書紀』にみえる允恭天皇に比定する見解が有力。

(関和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倭王済の関連キーワード倭の五王円心花の日山口県山口市陶広姫倭王興倭王讃倭王珍ドレスタットビスコンティ家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone