コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安康天皇 あんこうてんのう

7件 の用語解説(安康天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安康天皇
あんこうてんのう

第 20代に数えられる大和朝廷の天皇。アナホノミコトと称する。允恭天皇の皇子。母はオサカノオオナカツヒメノミコト。大和石上穴穂宮に都し,皇后はナカシヒメノミコトという。眉輪王に暗殺されたと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんこう‐てんのう〔アンカウテンワウ〕【安康天皇】

記紀で、第20代の天皇。允恭(いんぎょう)天皇の皇子。名は穴穂(あなほ)。皇居は石上穴穂宮(いそのかみあなほのみや)。在位3年余りで眉輪(まよわ)王に暗殺された。倭の五王の興に比定する説がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安康天皇【あんこうてんのう】

5世紀半ばごろの在位。允恭(いんぎょう)天皇の皇子。名は穴穂(あなほ)。大和の石上(いそのかみ)穴穂宮を宮居とした。叔父大草香皇子を殺してその妃を立后したため,皇子の子眉輪(まゆわ)王に暗殺された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安康天皇 あんこうてんのう

記・紀系譜による第20代天皇。在位は5世紀後半。
父は允恭(いんぎょう)天皇。母は忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめのみこと)。「日本書紀」によれば,兄の皇太子木梨軽(きなしのかるの)皇子を討ち即位,都は石上(いそのかみ)の穴穂(あなほの)宮,攻め殺した大草香(おおくさかの)皇子の妻を皇后としたが,その遺児に殺されたという。「宋書」倭国伝の倭王の興(こう)とされる。安康天皇3年8月9日死去。56歳(「古事記」)。墓所は菅原伏見西陵(すがわらのふしみのにしのみささぎ)(奈良市)。別名は穴穂天皇(あなほのすめらみこと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安康天皇

生年:生没年不詳
『古事記』『日本書紀』にみえる5世紀半ばの天皇。穴穂天皇ともいう。記紀によれば允恭天皇と忍坂大中姫の子。兄弟に木梨軽皇子,雄略天皇がいる。允恭死後,兄の木梨軽皇子を殺し,石上穴穂宮(天理市)で即位したという。その後,大草香皇子を殺し,その妻中蒂姫を皇后としたが,大草香皇子の子眉輪王に殺された。菅原伏見陵(奈良市)に葬られる。中国の歴史書『宋書』倭国伝に登場する倭の五王の興に比定されている。

(関和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あんこうてんのう【安康天皇】

記紀で第二〇代天皇穴穂尊あなほのみことの漢風諡号しごう。允恭いんぎよう天皇の皇子。都は大和石上いそのかみ穴穂宮。眉輪まよわ王に暗殺された。倭の五王の一人「興」に比定する説がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安康天皇
あんこうてんのう

記紀によれば第20代天皇。穴穂天皇(あなほのすめらみこと)ともいう。『宋書(そうじょ)』にみえる倭王(わおう)の興(こう)にあたるとされている。父は允恭(いんぎょう)天皇。母は忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめのみこと)。允恭天皇の太子軽(かる)皇子を殺して即位し、大和(やまと)の石上(いそのかみ)穴穂宮(天理市田町付近)に都した。元年2月、坂本臣(さかもとのおみ)の祖根使主(ねのおみ)の讒言(ざんげん)を信じて叔父の大草香(おおくさか)皇子を殺し、その妻中蒂(なかし)姫を宮中に入れて皇后とし、はなはだ寵愛(ちょうあい)した。3年8月、皇后の膝枕(ひざまくら)で昼寝中に、中蒂姫と大草香皇子の間に生まれた7歳の眉輪(まよわ)王に刺殺された。ときに56歳。3年ののち菅原伏見(すがわらのふしみ)陵(奈良市宝来町)に葬られた。[志田諄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安康天皇の言及

【穴穂部】より

…日本古代に大和朝廷によって設けられた名代(なしろ)の一つ。《日本書紀》では,雄略天皇のとき,兄の穴穂皇子(安康天皇)のために設定したという。皇子の宮は穴穂宮であって,この宮の経営のため,宮号を冠して設定された部民であろう。…

【大草香皇子】より

…《古事記》では波多毗能太郎子(はたびのおおいらつこ),大日下王ともよぶ。安康天皇は皇子の同母妹である幡梭(はたび)皇女(若日下部命)を天皇の弟大泊瀬皇子(雄略天皇)の妃に迎えようとした。しかしそれを大草香皇子が拒絶したという使者の讒言(ざんげん)のために,大草香皇子は殺されたという。…

※「安康天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安康天皇の関連キーワード允恭天皇開化天皇顕宗天皇孝安天皇孝元天皇孝昭天皇孝霊天皇仁賢天皇反正天皇履中天皇

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone