コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏奇館 ヘンキカン

デジタル大辞泉の解説

へんき‐かん〔‐クワン〕【偏奇館】

麻布にあった永井荷風の住居。木造2階建ての洋館で、大正9年(1920)より居住していたが、昭和20年(1945)東京大空襲により焼失。
[補説]ペンキ塗り洋館であることをもじって、荷風自らが命名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

偏奇館の関連キーワード断腸亭日乗永井 荷風西村京太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏奇館の関連情報