コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼失 ショウシツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しつ〔セウ‐〕【焼失】

[名](スル)《古くは「じょうしつ」とも》焼けてなくなること。「貴重な文化遺産が焼失する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしつ【焼失】

( 名 ) スル
〔古くは「じょうしつ」とも〕
焼けてなくなること。 「全市の半ばを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焼失の関連キーワード北但(ほくたん)大震災ストックホルム王宮シャニワールワーダ目黒行人坂の火事大石礙真素美住宅総合保険飛鳥板蓋宮伊富岐神社養浩館庭園焼け失せる石山本願寺智光曼荼羅明暦の大火天明の大火江家文庫帝国劇場文化遺産佐伯良謙忍岡文庫歌舞伎座

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼失の関連情報