焼失(読み)ショウシツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しつ〔セウ‐〕【焼失】

[名](スル)《古くは「じょうしつ」とも》焼けてなくなること。「貴重な文化遺産が焼失する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしつ【焼失】

( 名 ) スル
〔古くは「じょうしつ」とも〕
焼けてなくなること。 「全市の半ばを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しつ セウ‥【焼失】

〘名〙 (古くは「じょうしつ」) 焼けてなくなってしまうこと。焼けうせること。
※東寺百合文書‐り・延久三年(1071)一〇月八日・山城珍皇寺司等解案「公験流記帳悉焼失」
※高野本平家(13C前)一〇「彼重衡卿は、東大寺焼失(ゼウシツ)の逆臣也」
※太平記(14C後)二七「大なる炎遙に飛去て、厳重の御祈祷所、一時に焼失(セウシツ)する事」

やき‐うしな・う ‥うしなふ【焼失】

〘他ハ四〙
① 焼き捨てる。また、焼いてなくする。
※観智院本三宝絵(984)中「やきうしなひてし仏経をもとめ」
※太平記(14C後)二〇「八幡の官軍は、兵粮を社頭に積んで悉く焼失(ヤキウシナヒ)しかば」
② 火葬にする。
※今昔(1120頃か)二〇「鵜足の郡の女の身を焼失つ」

やけ‐う・せる【焼失】

〘自サ下一〙 やけう・す 〘自サ下二〙 焼けて跡形もなくなる。焼失する。
※三代実録‐貞観八年(866)八月一八日「応天門及東西楼に有火灾て皆悉焼失ぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼失の関連情報