コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽装質屋 ぎそうしちや

知恵蔵miniの解説

偽装質屋

質屋を装った新手のヤミ金業者。営業許可を受けて質屋を構えたヤミ金業者が、100円ショップの商品などほぼ無価値な質入れ品を高齢者らから預かり、実際は年金などを担保に法外な高金利で金銭を貸し付ける。質屋を装うのは、金利制限が貸金業法では年20%なのに対し、質屋営業法では年109.5%と、高金利での貸し付けが可能であるため。しかし、警察庁はほぼ無価値な質入れ品で金銭を貸す行為は質屋営業に当たらず、貸金業法などの摘発対象になると指摘。全国的に被害が相次いでいることから、2013年5月、取り締まりの強化を全国の警察本部に指示した。

(2013-5-27)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎそう‐しちや〔ギサウ‐〕【偽装質屋】

質屋を装って、担保価値のない物品をとして預かり、実質的には年金などを担保に金銭を貸し付け、高額な金利の支払いを要求する詐欺。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偽装質屋の関連情報