催花雨(読み)さいかう

精選版 日本国語大辞典「催花雨」の解説

さいか‐う サイクヮ‥【催花雨】

〘名〙 植物の開を促すような。これが「菜花雨(さいかう)」に転じ、やがて四月頃の菜種梅雨(なたねづゆ)になったといわれる。〔華幼武‐次韵曲林雪〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「催花雨」の解説

さいか‐う〔サイクワ‐〕【催花雨】

春、早く咲けと花をせきたてるように降る雨。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android