コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎の毛通し ウノケドオシ

1件 の用語解説(兎の毛通しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うのけ‐どおし〔‐どほし〕【×兎の毛通し】

唐破風(からはふ)の中央に取り付ける懸魚(げぎょ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の兎の毛通しの言及

【懸魚】より

…屋根の妻において,棟木や母屋桁(もやげた),軒桁の木口を隠すために破風板(はふいた)の下に取り付けられた装飾用の材をいう。火災を嫌って水に関係の深い魚の形を付けたともいうが,日本では魚形のものは用いていない。ただ一つ東寺の慶賀門のものが魚の尾の形とみえないこともない。取り付ける場所により,棟木位置のものを単に懸魚または拝み懸魚,母屋桁や軒桁の位置に付けるものを桁隠しまたは降り懸魚といって区別することもある。…

※「兎の毛通し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone