コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸魚 げぎょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸魚
げぎょ

建築装飾の一つ。中国や日本の建築で,破風 (はふ) の下部内側またはその左右に六葉といわれる金属製や木製の栓で取付け,棟木の先を隠すための飾り板。形により梅鉢懸魚,猪目 (いのめ) 懸,かぶら懸魚,三花懸魚などの種類がある。当初魚をつるしたような形であったのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

懸魚【げぎょ】

屋根の妻におき破風(はふ)の下にたらし,棟木(むなぎ)や(けた)を隠す飾板。破風の拝み下のものを懸魚,左右の桁部分のものを桁隠という。五角形の梅鉢懸魚,猪目(いのめ)の形の猪目懸魚,三花懸魚等。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げぎょ【懸魚】

屋根の妻において,棟木や母屋桁(もやげた),軒桁木口を隠すために破風板(はふいた)の下に取り付けられた装飾用の材をいう。火災を嫌って水に関係の深い魚の形を付けたともいうが,日本では魚形のものは用いていない。ただ一つ東寺の慶賀門のものが魚の尾の形とみえないこともない。取り付ける場所により,棟木位置のものを単に懸魚または拝み懸魚,母屋桁や軒桁の位置に付けるものを桁隠しまたは降り懸魚といって区別することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げぎょ【懸魚】

屋根の破風に取りつけて、棟木むなぎや桁けたの木口を隠す装飾。破風の拝み(=合掌の合わせ目)の部分にあるものを本おも懸魚、左右の下部のものを降くだり懸魚または桁隠し懸魚という。また、その形によって猪目いのめ懸魚・蕪かぶら懸魚・梅鉢懸魚などがある。

げんぎょ【懸魚】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懸魚
げぎょ

日本建築で、妻の破風板(はふいた)の下にあって棟木(むなぎ)や桁(けた)の木口を隠す飾り板。簡単なものは五角形あるいは六角形の切(きり)懸魚で、ついで梅鉢(うめばち)懸魚となり住宅、門などに用いられる。社寺の建物では和様のものに猪目(いのめ)懸魚、禅宗様には(かぶら)懸魚、三花(みつはな)懸魚がつく。近世になると浮彫り、透彫りの彫刻を飾るものもある。破風板の途中で桁を隠す懸魚は降(くだり)懸魚あるいは桁隠(かくし)ともいう。また、唐破風の中央につくものを兎毛通(うのけとおし)という。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の懸魚の言及

【社寺建築構造】より

…妻飾には豕扠首(いのこさす),二重虹梁蟇股,虹梁大瓶束,狐格子などがある。破風は桁と棟木にかけられるが,それらの木口を隠すために,繰形(くりかた)で装飾を施した懸魚(げぎよ)がつけられる。
[壁]
 は真壁がほとんどで,大壁は江戸時代の土蔵造の経蔵や特殊な堂にしか見られない。…

※「懸魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懸魚の関連キーワード兎の毛通し・兔の毛通し猪の目懸魚兎の毛通し建築装飾桂離宮本懸魚結綿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸魚の関連情報