唐破風(読み)カラハフ

大辞林 第三版の解説

破風の一。中央部は弓形で、左右両端が反りかえった曲線状の破風。門・玄関・神社の向拝の屋根や軒先などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 反転曲線をもった山形の破風。曲線の接点(腰)に茨(いばら)がある。門、玄関などの屋根や社寺の向拝に見られる。同様の反転曲線で屋根全体ができているものを唐様(からよう)という。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第八「さればこそ寝心よろし膏薬見世 唐破風作りおし明る門」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の唐破風の言及

【銭湯】より

…外観については特別に銭湯らしい装置というものもなかったようで,大衆向けの風呂屋はごく粗末な板屋根の小屋のようなものである。ぜいたくな風呂屋では蒸気室の入口に唐破風(からはふ)をつけたり,洗い場を広くとり,休憩室を設けたりしているが,外観は一般の町屋と変りはない。蒸気室の出入口を引戸に改良したのが戸棚風呂であるが,これが湯屋にとり入れられるようになった。…

【破風】より

…搏風とも書き,甍(いらか)ともいわれる。
[日本]
 屋根の形式で分けると,切妻破風(切破風),入母屋破風のほか,屋根面の途中に棟を突き出して設けた据(すえ)破風,向拝(こうはい)や庇(ひさし)のように茅負(かやおい)や隅木に取り付く縋(すがる)破風,軒の中央に設けられた軒唐(のきから)破風がある。入母屋破風や据破風のように,下方に屋根面があるものは千鳥破風ともいう。…

※「唐破風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唐破風の関連情報