コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入れ札 イレフダ

デジタル大辞泉の解説

いれ‐ふだ【入れ札】

投票
「お前達の間で―をして見ちゃ、どうだい」〈菊池寛・入れ
入札(にゅうさつ)
「大勢請負人を集め、―をさせる」〈黄・金生木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いれふだ【入れ札】

にゅうさつ(入札)」に同じ。 「今時は諸方の-、すこしの利潤を見掛けて/浮世草子・永代蔵 1
江戸時代、村役人などを選ぶとき、名前を書いて投票した用紙。また、投票すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

入れ札の関連キーワード札が落ちる隠し起請浮世草子江戸時代永代蔵村役人名主変改漂浪利潤諸方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android