八方口(読み)はっぽうぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八方口
はっぽうぐち

長野県北西部,白馬 (しろうま) 岳の南東麓にある白馬 (はくば) 村の中心集落。かつて白馬駅が「四ッ谷駅」と呼ばれていた頃は,四ッ家 (よつや) とも呼ばれた。また JR大糸線白馬駅の駅前集落で,四ヶ城盆地最大の商店街をなす。周辺部は水稲単作地であるが,白馬岳をはじめ後立山連峰の登山玄関口をなし,山麓にはスキー場が多いため,夏冬ともにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android