山麓(読み)さんろく

精選版 日本国語大辞典「山麓」の解説

さん‐ろく【山麓】

〘名〙 山の下の方の部分。山のすそ。ふもと。山脚。山足。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作〈大江匡房〉「山麓求康伯、湘潭愍
※授業編(1783)九「山麓(ロク)と海浜の間わづか百歩ばかり」 〔劉峻‐東陽金華山棲志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「山麓」の解説

山麓
さんろく
piedmont

山地と平地との境界部。山体の基部。傾斜の変換部にあたり地形学的に重要。山が明瞭な傾斜の変換部をなしている場合には,沖積扇状地が発達しやすい。これを山麓沖積面ということもある。山麓面,山麓階山麓氷河なども山麓に発達する地形。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android