山麓(読み)さんろく

精選版 日本国語大辞典「山麓」の解説

さん‐ろく【山麓】

〘名〙 山の下の方の部分。山のすそ。ふもと。山脚。山足。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作〈大江匡房〉「山康伯、湘潭愍
※授業編(1783)九「山麓(ロク)と海浜の間わづか百歩ばかり」 〔劉峻‐東陽金華山棲志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「山麓」の解説

山麓
さんろく
piedmont

山地平地との境界部。山体の基部。傾斜の変換部にあたり地形学的に重要。山麓が明瞭な傾斜の変換部をなしている場合には,沖積扇状地が発達しやすい。これを山麓沖積面ということもある。山麓面,山麓階山麓氷河なども山麓に発達する地形。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android