八月がくるたびに

デジタル大辞泉プラス「八月がくるたびに」の解説

八月がくるたびに

おおえひでによる児童文学作品。1971年刊行。長崎への原爆投下をテーマとする。1971年、小学館児童出版文化賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android