長崎(読み)ナガサキ

デジタル大辞泉の解説

ながさき【長崎】

九州地方北西部の県。もとの肥前の西半部と壱岐(いき)対馬(つしま)2国にあたる。人口142.7万(2010)。
長崎県南部の市。県庁所在地。元亀2年(1571)ポルトガル船寄港以来発展し、鎖国時代は唯一の外国貿易港として繁栄。昭和20年(1945)8月9日、原子爆弾が投下され被災。造船水産業が盛ん。浦上天主堂グラバー邸などがある。平成17年(2005)周辺6町を、翌18年に琴海町を編入。人口44.3万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながさき【長崎】

九州地方北西部の県。かつての肥前国西半部、および壱岐・対馬二国の全域を占める。東シナ海に面し、北松浦・島原・長崎・西彼杵にしそのぎ半島と五島列島・平戸島・壱岐・対馬などの島からなる。県庁所在地、長崎市。
長崎県南部、長崎半島の付け根にある市。県庁所在地。1571年ポルトガル船が寄港して以来貿易港として発展し、江戸時代は国内唯一の開港場として繁栄。1945年(昭和20)8月9日原子爆弾の投下によって廃墟となったが、現在は造船業・水産業・機械工業・観光業が発展。

ながさき【長崎】

姓氏の一。北条得宗家の被官。高資のとき、内管領ないかんれいとして実権を握る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎
ながさき

山形県中央部、東村山郡中山町の中心地区。旧長崎町。最上(もがみ)川中流の右岸に位置し、中世には中山氏の長崎城が築かれ、近世初頭からは最上川の舟着き場として発展し、1921年(大正10)の国鉄(現、JR)左沢(あてらざわ)線の開通まで続いた。中山町役場、歴史民俗資料館や、JR羽前(うぜん)長崎駅がある。国道112号が通じ、最上川に長崎大橋が架かる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ながさき【長崎】

[一] (鎌倉時代、長崎氏が地頭となってから呼ばれた) 長崎県南部の地名。県庁所在地。長崎半島の基部にあり、深く湾入した良港をもつが、平地は狭い。元亀二年(一五七一)ポルトガル船の入港以来貿易港・キリシタン伝道地となる。豊臣秀吉の統一以来直轄地となり、江戸時代は唯一の開港場として繁栄。古くから漁業基地としても知られ、水産加工場も多く、日本屈指の水産都市。また造船所もある。大浦天主堂・グラバー邸・唐人屋敷・出島オランダ商館跡・唐寺崇福寺などがある。昭和二〇年(一九四五)八月九日、原子爆弾が投下され、市街地の北半部が破壊された。明治二二年(一八八九)市制。永埼。崎陽(きよう)

ながさき【長崎】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎の関連情報