コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八柄鉦 ヤカラガネ

デジタル大辞泉の解説

やから‐がね【八×鉦】

江戸時代の大道芸の一。8個の鉦を首から下げたり、腰の回りにつけたりして、ぐるぐる回りながら丁字形撞木(しゅもく)で打ち鳴らすもの。東海道金谷・掛川付近で文化年間(1804~1818)まで行われた。八挺鉦(はっちょうがね)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

八柄鉦の関連キーワード江戸時代八丁鉦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android