コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷 かなや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金谷
かなや

静岡県中部,島田市南西部の旧町域。大井川中流右岸にある。 1889年町制。 1957年五和村と合体。 2005年島田市と合体。北部の五和地区は赤石山脈の前山地域,南部は牧之原台地北部を占める。中心集落の金谷は牧之原台地北部崖下の狭い谷間にある。天正 18 (1590) 年,大井川の河道を東に移したことにより,金谷が渡河地点となり,対岸の島田とともに東海道宿場町として繁栄。現在は牧之原台地を背後に控えた県下屈指の茶の産地。製材,コンクリート製品,鉄鋼,食品などの工業も行なわれる。諏訪原城跡は国の史跡。 JR東海道線金谷駅から千頭を経て井川まで大井川鉄道が通じ,奥大井観光の起点となっている。

金谷
かなや

千葉県南西部,富津市の一地区。鋸山登山の起点でロープウェーが通じる。浦賀水道にのぞみ,金谷と三浦半島久里浜間に東京湾フェリーが就航。浜金谷近くの砲台山には,レジャーランドが開設されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かなや【金谷】

静岡県島田市の地名。旧町名。大井川西岸にあり、東海道五十三次の大井川渡しの宿場町として発達。JR東海道本線から大井川鐵道(てつどう)が分岐する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

金谷の関連キーワード長崎県壱岐市郷ノ浦町物部本村触結婚しないかもしれない症候群石川県羽咋郡宝達志水町散田佐夜の中山・小夜の中山島根県益田市美都町山本いつも誰かに恋してるッいつか誰かと朝帰りッ栃木県日光市上鉢石町食卓から愛をこめてようこそ青春金物店静岡県島田市金谷田舎で暮らそうよ青森県むつ市金谷野沢錦糸(4世)追いかけたいの!千葉県富津市金谷宮崎県串間市南方隅田春妓女容性金谷(千葉県)金谷(静岡県)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金谷の関連情報