コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金谷(読み)かなや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金谷
かなや

静岡県中部,島田市南西部の旧町域。大井川中流右岸にある。 1889年町制。 1957年五和村と合体。 2005年島田市と合体。北部の五和地区は赤石山脈の前山地域,南部は牧之原台地北部を占める。中心集落の金谷は牧之原台地北部崖下の狭い谷間にある。天正 18 (1590) 年,大井川の河道を東に移したことにより,金谷が渡河地点となり,対岸の島田とともに東海道宿場町として繁栄。現在は牧之原台地を背後に控えた県下屈指の茶の産地。製材,コンクリート製品,鉄鋼,食品などの工業も行なわれる。諏訪原城跡は国の史跡。 JR東海道線金谷駅から千頭を経て井川まで大井川鉄道が通じ,奥大井観光の起点となっている。

金谷
かなや

千葉県南西部,富津市の一地区。鋸山登山の起点でロープウェーが通じる。浦賀水道にのぞみ,金谷と三浦半島久里浜間に東京湾フェリーが就航。浜金谷近くの砲台山には,レジャーランドが開設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金谷の関連情報