八百重(読み)ヤオエ

デジタル大辞泉の解説

やお‐え〔やほへ〕【八百重】

幾重にも重なっていること。非常に遠く隔たっていること。また、その場所
「滄海原(あをうなはら)の潮の―を治(しら)すべし」〈神代紀・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

やお‐え やほへ【八百重】

〙 幾重にも重なっていること。あるいは、非常に隔たっていること。また、その場所。
※御巫本日本紀私記(1428)神代上「潮八百重〈志保乃也保部(しほのヤホヘ)〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android