コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公助 こうじょ

2件 の用語解説(公助の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

公助

室町後期・戦国時代天台宗の僧侶・連歌師。左大臣三条実量の子、公敦の弟。号は老愚・善学院、定法寺殿と称する。青蓮院の院家、定法寺に住し、実助の付弟となる。法性寺座主・横川首楞厳院検校・鞍馬寺別当、法務大僧正に至る。天文3年(1534)存、生没年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐じょ【公助】

公的機関が援助すること。特に、個人や地域社会では解決できない問題について、国や自治体が支援を行うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公助の関連キーワード即真周湛聖護院道澄百如慈芳普門円通文閑孝暢道邃連歌師六祖日位

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公助の関連情報