機関(読み)きかん

精選版 日本国語大辞典「機関」の解説

き‐かん ‥クヮン【機関】

〘名〙
① 仏語。禅宗で、師が学人を導くのに用いる、一喝、一棒など、巧妙な方法手段をいう。
※正法眼蔵(1231‐53)全機「いまの生はこの機関にあり、この機関はいまの生にあり」
② 活動の装置を施したもの。しかけのある機械。からくり。〔落葉集(1598)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「抑もこの機器その制甚だ精密なるが故に、ただ一槌を受るのみにて、全体の機関(〈注〉カラクリ)これが為に廃して無用の物となる」 〔鬼谷子‐権篇〕
③ 心中の計略。たくらみ。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)一「胸中の機関(キクヮン)
④ 火力、電力、水力などのエネルギーを受け、これを機械的エネルギーに変えて他へ送る機械装置。原動機。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「ハルグリーウ氏、紡績の機関を発明し」
⑤ =きかん(器官)〔英和対訳袖珍辞書(1862)〕
⑥ 法人や団体などが意思を決定したり、実行したりするために設けた組織。その形態や性格によって国家機関と私人機関、合議機関と単独機関、意思機関と執行機関などに分けられる。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「政事上のことは言ふまでもなく何事を為すにも機関がなければならぬものだ」
⑦ 一般に、あるはたらきのために設けた組織。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「経済界の附属品たる交通運輸の機関は日々に具備して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機関」の解説

き‐かん〔‐クワン〕【機関】

火力・水力・電力などのエネルギーを力学的エネルギーに変える装置。
活動のしかけのあるもの。からくり。
「ただ一槌を受くるのみにて全体の―これが為に廃して」〈中村訳・西国立志編
法人や団体などの意思を決定したり、代表したりする者、または組織。「行政機関」「国家機関
ある目的を達成する手段として設けた組織や機構。「報道機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の機関の言及

【エンジン】より

…日本語のエンジンという言葉は内燃機関の意味に使われることが多いが,さらに内燃機関と類似の働きをする種々の原動機に対する呼名としても広く使われており,厳密な定義はむずかしい。engineの日本語訳は,機関または発動機で,機関が種々の動力発生装置一般に対する総称として使われるのに対し,発動機は内燃機関に限定して使われ,したがって術語になった場合も,例えば内燃機関であるガソリンエンジンに対してはガソリン機関,ガソリン発動機という言い方がされ,一方,外燃機関であるスチームエンジンは蒸気機関と称されても蒸気発動機と訳されることはない。…

※「機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android