共同訴訟参加(読み)キョウドウソショウサンカ

大辞林 第三版の解説

きょうどうそしょうさんか【共同訴訟参加】

係属中の民事訴訟で、判決の効力が第三者にも及ぶ場合、この第三者が共同訴訟人として訴訟に参加すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の共同訴訟参加の言及

【訴訟参加】より

…参加人の利益保護ないし審判の統一を実現するための措置がとられている(民事訴訟法47条,52条,40条)。訴訟上の請求が従前の当事者双方に対しなされる独立当事者参加と一方のみに対しなされる共同訴訟参加とに分かれる。前者は,他人間において参加人の権利を害する馴合訴訟が行われていると主張し,または他人間で争われる権利が自己に帰属すると主張する者がこれをなしうる(47条)。…

※「共同訴訟参加」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android