コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原告 げんこくplaintiff; Kläger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原告
げんこく
plaintiff; Kläger

民事訴訟および行政事件訴訟においてその名で裁判所に対して訴えを提起した者の呼称

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

原告【げんこく】

民事訴訟・行政訴訟訴えを提起して,裁判所に紛争の解決を求める者。これに対し,刑事訴訟では,公訴の提起者は検察官である。→被告
→関連項目抗弁当事者反訴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんこく【原告】

民事訴訟(行政訴訟を含む)において,訴えを提起した側の当事者を指す。相手方被告であり,原告・被告の間の訴訟に加わってくる者は訴訟参加人(訴訟参加)と呼ばれる。上訴,すなわち控訴,上告を提起する当事者は,それぞれ控訴人,上告人と呼ばれるが,これは原告と同一人とは限らない。原告が勝訴して,敗訴した被告が上訴した場合,上訴審では原告が被控訴人・被上告人となるわけである。誰が原告になり得るか(原告適格)は,とくに行政事件において争われることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんこく【原告】

民事訴訟・行政訴訟において訴えを起こし裁判を請求する側の当事者。 ↔ 被告

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原告
げんこく

民事訴訟および行政訴訟において、裁判所に自己の名において訴えを提起し判決を求める者をいう。原告によって訴訟の相手方とされた者を被告といい、両者をあわせて訴訟当事者または単に当事者という。古くは、当事者は訴訟の対象である権利義務の主体であるとされていたが、権利義務の主体以外の者が当事者となることの説明が困難である等のために、現在では単に訴えた者が原告、訴えられた者が被告とされている。だれが原告、被告であるかは、原則として訴状の記載に基づいて確定される。木敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

原告の関連キーワード中国残留日本人孤児による国家賠償請求集団訴訟西日本石炭じん肺訴訟東京大気汚染公害訴訟被爆体験者訴訟共同訴訟参加引換給付判決十七 巳之助木村 志ゲ上村 智子給付判決原発訴訟給付訴訟弾劾主義共同訴訟訴状却下訴訟物重陳状支え状三問状初陳状

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原告の関連情報