第三者(読み)ダイサンシャ

大辞林 第三版の解説

だいさんしゃ【第三者】

〘法〙 ある法律関係の当事者、その包括承継人以外の者で、新たにその法律関係に利害関係を持つに至った者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいさん‐しゃ【第三者】

〘名〙 当事者以外の人。ある一つの事柄に関係していない人。三者。
※行政裁判法(明治二三年)(1890)三八条「行政裁判所は原告被告及第三者に出廷を命し」
※第三者(1903)〈国木田独歩〉一「第三者といふ奴は冷静なる判断を下し得る者である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第三者の関連情報