コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵は拙速を尊ぶ ヘイハセッソクヲタットブ

デジタル大辞泉の解説

兵(へい)は拙速(せっそく)を尊(たっと)ぶ

《「孫子作戦の「故には拙速を聞く、未だ功の久しきを覩(み)ざるなり」から》作戦を練るのに時間をかけるよりも、少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいはせっそくをたっとぶ【兵は拙速を尊ぶ】

〔孫子 作戦
いくさは、作戦は多少まずくとも相手より速く攻撃をすることが肝要である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵は拙速を尊ぶの関連情報