兵は拙速を尊ぶ(読み)ヘイハセッソクヲタットブ

デジタル大辞泉の解説

兵(へい)は拙速(せっそく)を尊(たっと)ぶ

《「孫子作戦の「故には拙速を聞く、未だ功の久しきを覩(み)ざるなり」から》作戦を練るのに時間をかけるよりも、少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいはせっそくをたっとぶ【兵は拙速を尊ぶ】

〔孫子 作戦
いくさは、作戦は多少まずくとも相手より速く攻撃をすることが肝要である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android