コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具足開き(読み)グソクビラキ

大辞林 第三版の解説

ぐそくびらき【具足開き】

武家の年中行事の一。正月に男子が甲冑かつちゆうにそなえた具足餅を、日を決めて食べた。江戸時代、幕府は正月20日、1652年からは11日に行なった。女子の鏡開きに相応する。具足の祝い。具足の鏡開き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の具足開きの言及

【鏡開き】より

…古くは1月20日に行われていたが,江戸時代に3代将軍家光の忌日が20日であるため11日に改められたという。武家では甲冑を納めた櫃を開く具足開きが,町家では蔵開き,帳祝いが行われ,鏡餅を下げて主従や家族どうしで共食し,互いの関係を密にした。農家でも田打正月,鍬初めなどといって田畑に初鍬を入れ,そこに松や鏡餅の砕片を供えたり,臼起しといって暮に伏せた臼を起こし儀礼的に米つき等の作業をすることが行われ,同時に雑煮や汁粉を食べた。…

※「具足開き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android