刃物(読み)ハモノ

世界大百科事典 第2版の解説

はもの【刃物】

二つの面が鋭く交わる先cutting edgeによって,切り,削り,彫る道具の総称。剣のように身の両側に刃がつくものを諸刃(もろは)または両刃(りようば),刀のようにその片側に刃がつくものを片(偏)刃(かたは)と呼ぶ。こうした呼び分けは,日本では奈良時代以来行われ,〈かたな〉の語も片刃(〈な〉は刃の古称)に由来する。しかし考古学では,刃と直交方向の断面で,刃の両面が相称をなせば両刃,非相称であれば片刃とする呼び分けを行っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はもの【刃物】

物を切断したり削ったりする、刃のついている道具。包丁・刀など。 「 -を振り回す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

は‐もの【刃物】

〘名〙 刃がついていて、物を切断したり、削ったりする道具。刀・包丁・はさみなどの類をいう。
※虎明本狂言・宗論(室町末‐近世初)「は物を以てとって一寸斗程にきって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刃物の関連情報