コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刃物 ハモノ

デジタル大辞泉の解説

は‐もの【刃物】

刃がついていて物を切断したり削ったりする道具の総称。包丁・小刀・はさみなど。切れ物。「刃物を振り回す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はもの【刃物】

二つの面が鋭く交わる先cutting edgeによって,切り,削り,彫る道具の総称。剣のように身の両側に刃がつくものを諸刃(もろは)または両刃(りようば),刀のようにその片側に刃がつくものを片(偏)刃(かたは)と呼ぶ。こうした呼び分けは,日本では奈良時代以来行われ,〈かたな〉の語も片刃(〈な〉は刃の古称)に由来する。しかし考古学では,刃と直交方向の断面で,刃の両面が相称をなせば両刃,非相称であれば片刃とする呼び分けを行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はもの【刃物】

物を切断したり削ったりする、刃のついている道具。包丁・刀など。 「 -を振り回す」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

刃物の関連キーワード岐阜県関市平和通突っ切りバイト切り傷・切傷研ぎ革・研革刃に掛かる凶刃・兇刃工具研削盤刃に掛ける刃傷沙汰刃物立て刃物三昧形削り盤刃に伏す畳包丁切合い物切れ刃物師血飛沫砥糞研物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刃物の関連情報