コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内因的 ないいんてきendogenetic, endogene, endogenic, endogenous

岩石学辞典の解説

内因的

地球内部の原因によって起こる地質作用に使用される語で,その結果生成された岩石や鉱物に用いられる広い意味の言葉.例えば火成岩,変成岩,鉱物鉱床などが含まれる.砕屑岩(exogenetic)は含まれない.溶液からの沈澱で形成された岩塩に用いることがある[Abich : 1841, Humboldt : 1845, Grabau : 1904, Crook : 1914, Read & Watson : 1962, Pettijohn : 1975].外因的(exogenetic)の反対である.ギリシャ語のendosは英語のwithinに相当する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

内因的の関連キーワードソ連崩壊と東欧の歴史的変革クロスポルカノフの原理内成的接触現象内変的接触現象日周リズム変成作用自生成分円頂丘堆積物群落休眠

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内因的の関連情報