コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内因的(読み)ないいんてき(英語表記)endogenetic, endogene, endogenic, endogenous

岩石学辞典の解説

内因的

地球内部の原因によって起こる地質作用に使用される語で,その結果生成された岩石や鉱物に用いられる広い意味の言葉.例えば火成岩,変成岩,鉱物鉱床などが含まれる.砕屑岩(exogenetic)は含まれない.溶液からの沈澱で形成された岩塩に用いることがある[Abich : 1841, Humboldt : 1845, Grabau : 1904, Crook : 1914, Read & Watson : 1962, Pettijohn : 1975].外因的(exogenetic)の反対である.ギリシャ語のendosは英語のwithinに相当する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android