コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内成砂 ないせいさ endogenetic sand

1件 の用語解説(内成砂の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

内成砂

砂程度の大きさの物質で堆積盆地内部で形成されたもの.土地が削剥作用で形成されて堆積盆地に運ばれてできた外力砕屑的(epiclastic)な砂とは反対である.この砂は続成作用によって形成され,化学的または生化学的に沈澱したもの[Pettijohn, et al. : 1975].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内成砂の関連キーワード火山砂ふるい(篩)地向斜ボーキサイト滑り礫岩ドロマイト砂火山砕屑砂カルクアレナイト混成砂岩内部堆積作用アロケム

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone